トルコ フライト

今はなき航空会社 トルコベース ATLAS GLOBAL航空とは?フライト回顧録

今年コロナの影響で倒産したり、運行停止になってしまった歴史ある航空会社は数あれど、コロナの影響が大きく出る前ひっそりと倒産してしてしまった航空会社がある。トルコの中堅航空会社ATLAS GLOBAL航空である。
2020年2月資金繰り難を理由には破産法により事実上倒産してしまった。

機体のカラーリングを見ると、トルコ航空TKの子会社かなあ、、ぐらいの存在感しかなかったこの航空会社の記録を残します。

ATLAS GLOBAL航空会社とは

設立

2001年と比較的若く、同年に初フライトをしている。現航空会社名になる前進ATLASJET INTERNATIONALとして発足し、その後2015年にATLAS GLOBAL として運行していた。航空会社の2レターはKK。

運行停止

設立してからというもの順調ではなく、どちらかというと受難続く航空会社。現航空会社名になった2015年には、トルコ国内でのクーデターやテロの影響やトルコリラの暴落により4年は持ったものの19年に運行停止になり、同年国際線ロンドン線のみで復活。再起を図ったものの20年資金繰り難を理由に再度運行停止、そして倒産に至っている。

航空事故

ビジネス上も受難続きだったこの航空会社は航空事故とも無縁ではなかった。前身のATLAS INTERNATIONAL時代2007年にはキプロスに向けて離陸直後にハイジャックされたことがある。
アンタリヤ空港に着陸ハイジャック犯が降伏したことにより、乗員乗客全員が無事であったが、その同年国内線ウスパルタ空港に最終着陸進入中に墜落乗客乗員全員が亡くなる事態になっている。

使用機材

倒産する前はMD系の飛行機は使用しておらず、すべてエアバスA320系で統一されていて、フライトした時ももちろんA320-200であった。

フライト記録

イスタンブールに滞在中、急遽アムステルダムにほぼ日帰りで行かなければならなくなった。
チケットを前日に予約しフライトしたのだが、何せ前日だったので航空会社のサイトはどれもフルフェアしかない。
このため、オフィシャルサイトを見た後、各予約サイトを見ながら時間と価格のバランスのとれたエアラインを予約した。

結局前日ではサイトの中でskyscanner、clear trip、expediaと比較した結果、expediaが一番安かった。

そしてフライト数も多くあったので最終的にKLMかATLASにしようか迷ったのだが、今後もKLMはどこかで利用するし、トルコ初の国際線なんてトルコ航空以外今後も利用することはないと思い思い切ってこのATLAS  GLOBALを予約してみた。

もちろんどこのアライアンスにも加盟していないため当然ながらラウンジも使えない。手荷物は別料金設定と、もしかしてEASY JETやRYAN AIRのようなLCCなんじゃないかと思い、流石にIST-AMS間3時間半のフライトあの狭い席に座るのは嫌だなと不安であった。
しかし、いざ乗ってみるとそんなことはなく、パスタながら機内食もサーヴされるフルキャリアとLCCの中間、アジアでいうシルクエアやバンコクエアウェイズのような感覚で満足。

出発も定刻も到着も定刻通りで快適なフライトでした。

 

フライトした時の保有機材はA320のみ

中の清掃も行き届いていて綺麗な機内。

もう見ることはできない旧イスタンブールアタチュルク国際空港のタワーと

 

 

こちらももう見ることができないアタチュルク国際空港から離陸した眺めと遠くに見えるイスタンブール市街地

 

イスタンブールを後にし、1時間もたつとのどかなヨーロッパの田園風景が目に入ってきます

この田園風景を眼下に収めながら、

 

機内食

  

機内食のチョイスはなく、メインがペンネと豆のサラダ。デザートはヨーグルト

飲み物もアルコールはなく、コーラと水とオレンジジュースのみではあったが3時間半のフライトではこれで十分。

しかし欧州のフライトかなりの高確率で機内食はパスタに出会う。トルコ系航空ではすべてのエコノミー機内食はパスタが出ると言っても過言ではないくらい。カロリーが高く簡単に作れると言ったところでパスタが選ばれるのであろうか

-トルコ, フライト
-,

© 2021 Diamond Journey Powered by AFFINGER5