スターアライアンス タイ ラウンジ 空港

バンコク スワンナプーム国際空港 タイ航空シルクラウンジを利用して

このコロナ騒動の前年間150フライトを10年以上繰り返し、その中でもアジアの拠点となっていたのがバンコクスワンナプーム国際空港。アジアのハブ空港NO.1というと断然シンガポール チャンギ国際空港なのだが、そもそもシンガポール本国には用事はほとんどなく、そして空港は綺麗で素晴らしいのだが東南アジアでもタイ、ベトナムが多く、唯一シンガポール周りとなるとインドネシアとオーストラリアくらいしか行く国はないのと、シンガポールの空港はあまりにも広すぎて深夜眠く疲れた体を引きずってターミナル移動がいくらトラムがあるとはいえしんどい。またハブ空港として香港はそもそもスターアライアンスでマイルを貯めてる私としては利便性が薄く、結局アジアのハブ空港はバンコクスワンナプーム国際空港を利用することが必然的に多くなっていた。

しかしこの空港、、、結構問題児でもあったわけで

2006年に正式開港されてからというものの、数度のクーデターやデモで空港閉鎖はもとい、今までの経験上ロストバゲージ率アジア1位(現在はほとんどなくなったが)、預け荷物スーツケースの車輪が壊れる空港1位という苦い経験に加え、出入国のセキュリティチェックと入国審査に繁忙期はありえないくらいの時間がかかり(それのほとんどが新しいシステムを数年毎に入れてきちんと稼働していないとか、係官が操作不慣れ、そして出国のセキュリテイゲート付近のスペースの狭さ)、到着ゲートから入国審査までの歩く距離が長い、それよりも空港から市内の一部まで電車は通っているものの24時間ではなく、結局タクシーを利用することになるのだが、渋滞で到着時間が特にラッシュアワーだと読めず、今まで3回フライト時間に間に合わないという経験を経ても、バンコク- 東京間のフライトの多さの他、欧州、アジア各国、インドへのフライトの利便性が勝ってこの空港を利用することが多くなっている。

そしてANAもしくはスターアライアンスゴールドと上級会員は各コンコースに設けてあるタイ航空ラウンジのほか、PRIORITY PASSでも入れるミラクルラウンジとラウンジ設備が充実していて食事が美味しいのも利用する頻度がアップしていることもある

スワンナプーム国際空港全図とラウンジの場所

車寄せからのメインロビーを抜けセキュリティーチェック、出国審査の後コンコースDを中心にAからGまでの7コンコースに分かれており各コンコースの一番端10番ゲートまで歩くとなると徒歩15分ほどかかる。ちょうど出国審査を抜け左右に伸びるメイン通路に免税店のほか近年では中国客を意識して中央右側にシャネル、中央左にグッチとハイブランドが増え、コロナ前の売り上はかなり良かったと聞く。このメイン通路を抜け左右のコンコース分かれ道付近にレストランやコーヒーショップがあるのだが、スタバの一番小さいラテでも150 バーツ(450円)、ラーメン250バーツ750円、街中で売っているものと同様の”ペットボトルの水”50バーツ(150円)(街中では最高でも15バーツ45円)といくら空港でも高すぎで特にこのペットボトルの水問題はニュースにもなったほど。。今でもおそらく同等額するだろうが他に売っていないやりたい放題感はある

 

ラウンジ

ほとんどのスターアライアンス便が共有して、各コンコースにあるロイヤルオーキッド、シルクラウンジ以外にスターアライアンス系では台湾のEVA航空、シンガポール航空、トルコ航空が独自ラウンジを有し、それ以外にもJALのサクララウンジや中東系航空会社も独自のラウンジを有しているほかPRIORITY PASSで入れるミラクルラウンジ、バンコクエアウェイズがエコノミークラスでも入れる boutiqueラウンジなど多様にラウンジがある。特にスターアライアンス上級会員はタイ航空ラウンジ以外でも使える場合が結構あるので長時間トランジットの時などはラウンジ巡りも良い時間つぶしになる

 

その中で今回紹介するのは、タイ航空シルクラウンジ

各コンコースにあるロイヤルシルクラウンジとロイヤルオーキッドラウンジ。ビジネスクラスもしくはスターアライアンス系上級会員で入れます

 

内装はシンプルで受付を済ませるとソファー席が並び中央に簡単なホットビュッフェとドリンクバーがあります。最近Dコンコースに巨大なタイ航空ラウンジができたのですが、各wingのコンコースのラウンジは比較的小規模でレノベーションもあまり行われていなく、混んでいるときはコンセントの取り合いになります。混んでいるときはDコンコースのラウンジがオススメ

訪問したときは朝だったので各種サンドウィッチ、パンと

その脇に肉まんコーナーがあり、ふかふかの肉まんが食べれます

そしてホットビュッフェコーナーは昼食、夕食どきにはカオマンガイやパッタイなどタイ料理も出ることもありますが朝食は必ず、ハムとスクランブルエッグがありこの日は

これまた結構美味しい中華風ソーセージと必ずあるお粥

このコンビが好きで、必ず朝のフライトは朝食は必ず中有か風ソーセージ入りお粥と肉まんでお腹を満たしフライト

 

 

 

 

-スターアライアンス, タイ, ラウンジ, 空港

© 2021 Diamond Journey Powered by AFFINGER5