中国 空港

広州空港に早く着いてしまったら オススメの空港内簡易ホテル利用記

朝3時のバンコク行きのフライトに乗るために番禺市内から一番遅い行き方を探っても、タクシー以外はどうしても23時までにはついてしまう。
結局panyu ホテルから最終のバスに乗り、空港に22時半についてしまい、チェックインははるか4時間後。
空港内をブラブラしお土産やさんを冷やかしながら時間を潰すも限界に達する頃、第1ターミナルでhourly paid loungeのサインを発見し、そのままこのラウンジなるものの受付に行ってみると、なんと個室のカプセルホテルを大きくしたようなベッド付きの個室休憩所でした。
値段を聞くと1時間50元最低3時間からと書いてあったので、せめて横になれるししかもシャワーも浴びられるという事で、最低時間3時間分を前金で支払い、時間つぶしにはちょうどいいと思い、早速個室へ。
広くないもののベッドは清潔、エアコンの調整は各部屋でできなんとも快適。これなら今後広州空港に早くついてチェックイン前に時間も余裕で潰せ、しかも横になりながらウトウトしているともうすぐチェックイン時間。結局エアラインのラウンジにいるよりも快適で出発ギリギリ4時間半利用してました。

今後も広州空港深夜便を利用するときはこのサービス使えそうです。というよりも絶対に使います。

場所は1ターミナル地下鉄乗り場からエスカレーターを上がった1階中央にあります。

ホテルロビー。価格表が電光掲示板で書いてあり、明瞭会計

2時間ほどの利用で3千円ほど。

チェックインがオープンしていない時や、長いトランジットの時など非常に便利です

空港中央の1階はお店がちらほらあるものの静かで、廊下に沿って部屋があり、チェックイン済ませた後鍵を渡してもらいます

室内はどこかのブログにカプセルホテル並みと書いてあったが、そんなことはなく、スーツケースは広げられないものの持込、そして室内の清掃は行き届いていました

 

-中国, 空港

© 2021 Diamond Journey Powered by AFFINGER5