アジア タイ フライト

タイLCC新情報 7月1日からフライト復帰する航空会社と破綻した航空会社

タイをはじめベトナムなど、東南アジアの国では世界で止まることを知らない感染者数に対し

コロナ新規感染者数も連日一桁ないし、0更新が続き国内及び東南アジア域内において民間航空も復活の兆しがだんだん見えてきました。

そして6月26日発表によると、タイでは7月1日よりタイ国内便各社が運行を再開すると発表し、復活の兆しが見えてくる中なんと、東京、大阪にも乗り入れていた、LCCのノックスクートエアーが生産手続きを発表し経営破綻しました。

タイでは過去にもタイオリエンタル航空などの経営破綻があり、LCC系では出ては消えという航空会社が数社ありましたが、フラッグシップであるタイ国際航空の破綻発表の後、1ヶ月でまたタイ国内の航空会社が経営破綻発表と寂しい限りです。

 

ノックスクートエアーとは

ドンムアン国際空港を拠点にするノックスクートエアーは、タイのLCCノックエアーとシンガポール系のLCCスクートとの共同出資で生まれた航空会社で,日本乗り入れは成田、関西そして昨年10月には札幌便を飛ばしていた、航空会社で機材はB777-200と大型機を所有し、しかもLCCの中では中距離路線でフルフラットのビジネスクラスシートを導入していて、日本路線以外にも

国内便はチェンマイ、ハートヤイ、クラビの観光都市や中国各都市、シンガポールといった東南アジアには主要都市にフライトしておりましたが、発表ではコロナが引き金になったものの実は2014年からかなり採算面で厳しく、ずっと赤字だったとか。。

他国でも航空会社の破綻のニュースはコロナの影響で聞かれますが、タイで経営破綻した2社に関してはコロナの前からかなり会社経営的に問題があったようですね。

まあこれもタイ特有というかお国柄が出ているというか。。。

(6月29日ノックスクートエアーのホームページより。ホームページ上ではまだ告知はされておらず、日本行きの運賃がまだ提示されています)

ノックスクートエアー他タイのLCCの拠点となっているドンムアン国際空港

 

 

そんな中運行再開の良いニュースが!

航空会社の破綻だの従業員の一時帰休だのと暗いニュースばかりの航空業界において、嬉しいニュースも

6月27日発表によりますと7月1日より、タイ国内便が

全路線復活!!

おそらく減便となっての運行でしょうが、それでも国内線全路線復活とは嬉しいニュースです

これを皮切りに、徐々に国内便から東南アジア域内便への復活に繋げてほしいものです

 

 

過去の関連記事

 

コロナ収束後 タイ国内LCC需要を先読み!

タイ航空破産を考える:バブルを感じる豊富な所有飛行機と機内食

 

 

 

 

 

-アジア, タイ, フライト

© 2021 Diamond Journey Powered by AFFINGER5