グルメ フライト

エコノミー席機内食 ANA vs JAL 徹底検証

初めての日本航空でのフライトは1980年まだアメリカ東海岸への直行便がなく、アンカレッジ経由ニューヨーク行きでした。

そのころの旅券のサイズは今よりも大きく、なんと一冊で親と一緒というものでした。

そして

初めての全日空は1985年東京からワシントンダレス空港のフライトで、社会人になっても乗り続け今ではスターアライアンス系ライフタイムマイレージが3ミリオンを超えるまでになりましたが、

このコロナの影響で全くフライトできない日々が続いています。

よくもまあ特にここ20年でフライトしたなと思い出し、早い再開を望んでいるわけですが

この20年で全日空dでのフライトは月2回以上のペースだったのに対し、日航は年2回。

全日空が直行便を飛ばしていないヘルシンキとモスクワ便を利用してました。

当然フライトのほとんどがエコノミーなわけですが、フライト中に撮った写真をみてますと、

当然ながら同じエコノミーでも機内食に歴然とした差があるのがわかり、検証してみました。

特に長距離路線に乗ると機内食って楽しみですよね。

閉鎖された空間の中での最大の楽しみ機内食。長距離路線のある日のフライトをベースに検証してみました

どちらも素晴らしい航空会社です。コロナが収束し、また自由にフライトできるようになったら参考までにしていただけると幸いです

 

目次

  1. 食事前のドリンクサービスの比較
  2. 前菜の比較
  3. ワインの比較
  4. サラダの比較
  5. メインの比較
  6. デザートの比較
  7. 到着前の2食目の食事
  8. まとめ

食事前のドリンクサービス

全日空、日航とも食事前のドリンクサービスのメニューの種類は殆ど一緒ですね。

サッポロ、アサヒ、キリンと3種類のビールに各種ジュース。種類も同じくらいでした

(いつも炭酸とオレンジジュースを注文し混ぜてオランジーナ風にして飲んでます)

機内食、前菜の比較

(全日空の前菜)

もちろん季節や路線で変わるのでしょうが、前菜は断然全日空の方がボリューム感と味は優っていました。

この日の前菜はサーモンとポテサラ、枝豆と海苔巻きでした。

ちなみに日航は同時期長距離路線ではフルーツとチーズでした

(日航の前菜。これ以外にハムの小さなプレートもありました)

ワインの比較

これは断然、日航!!

全日空のワインサービスは赤白1種類で、プラスチックのカップでサーヴされるのですが、

日航は赤白1種類ですが、ボトルでサーヴされます!!

赤、白両方試したのですが、

白ワイン 全日空のは酸味が強く、パサパサした感じで日航のはほのかな甘みがあります

赤ワイン 全日空のは全く深みがないワインに対し、日航のは深みのある飲んだのはカベルネでしたが質の良いカベルネでした

(日航の赤ワイン)

サラダ

1年ほど前からでしょうか、全日空のサラダのボリュームがかなりアップしました

それでも日航の方がドレッシング含めて美味しかった。

そしてサラダの彩りに関しても日航のサラダの方が綺麗。

フレッシュさはどちらも変わりません

全日空のサラダはコーンが付いてくることが多いのですが、機内食を食べているときに気流の乱れで機内が揺れ出すと、

このコーンを食べるのが難しい。

着陸して離席するときに、無様な姿になったコーンが席に転がっていたことがたまにあります

(日航のサラダ)

海外に出る便のサラダの中にワカメが入っているとちょっとホッとしますよね

メインの比較

メインは本当に甲乙つけ難い。

ボリュームでは日航、味では全日空と言ったところでしょうか

両航空会社ともに、和食と洋食の2種類から選べます

しかしたまたまだったのでしょうが、お米は全日空の方がベチャッっとしていました

お皿は全日空の方がしっかりしていて持ち上げても手が熱くならないのはいいですね

 

全日空のカツカレーと日航のカツ丼。 彩りも全日空の方が食欲をそそられるような気がします

デザートの比較

全日空、日航ともハーゲンダーツのバニラアイスクリームでした。

日航はわかりませんが、全日空のデザートはいつ乗ってもハーゲンダーツのバニラアイスクリームです

同じサイズ、同じハーゲンダーツなのですが、、、

  

左が全日空、右が日航

ここでも少し違うところが、、

そう日航のハーゲンダーツには裏蓋にスプーンがついていないのです!!

キンキンに冷えたアイスクリームはやはりプラスチックのハーゲンダーツの平たいスプーンで食べたいですよね

ということでデザートは全日空の方が良かったです

2食目

2食目、全日空の方が美味しかった。

日航は1種類のみの提供でしたが、全日空は和食、洋食のチョイスがあり和食も十分に美味しいものでした。

  

 

まとめ

フライト中の数少ない楽しみの一つ、機内食。

他国のエアラインと比較すると、全日空も日航も機内食のレベルは相当高いと思います

勝手に比較しましたが、どちらも美味しかったです

    

全日空のミールと日航のミール

 

ちなみに機内食を食べるときに全日空ではいつも笑点を見ながら、日航ではジェットストリームを聴きながら食べています

 

 

-グルメ, フライト

© 2021 Diamond Journey Powered by AFFINGER5